Taidacent 1ピース Ad8015 統合 トランスインピーダンス アンプ モジュール シングル エンド差動 240M 帯域幅 155Mbps データレート

Taidacent 1ピース Ad8015 統合 トランスインピーダンス アンプ モジュール シングル エンド差動 240M 帯域幅 155Mbps データレート

Направления
Рассылка
Наш банер
  • 名前: AD8015 集積トランス抵抗アンプサイズ: 41mm X 28mm 電源電圧範囲: 5v
  • AD8015 は、光ファイバレシーバ回路アプリケーション用に最適化された広帯域、単一電源、transimpedance アンプです。240 MHz の帯域幅により、デバイスは、最大 155 Mbps のデータレートを備えた FDDI レシーバおよび、および、のために使用することができます。
  • AD8015 は、光ファイバレシーバ回路アプリケーション用に最適化された広帯域、単一電源、transimpedance アンプです。フォトダイオードシノンを差動電圧出力に変換するための完全なシングルチップソリューションです。
  • チップ特長差動出力低コスト、広帯域幅、低ノイズ帯域幅: 240 MHz パルス幅変調: 500 ps 立上り/落下時間: 1.5 ns 入力電流ノイズ: 3.0 pA/VHz (100 mhz) 総入力 rms ノイズ: 26.5 nA (100 mhz)。広いダイナミックレンジ光感度:-36 dBm (155.52 Mbps) ピーク入力電流: 350 HA 低消費電力:25 mA (5v) 広い動作温度範囲:-40 "C to + 85C
  • チップアプリケーション光ファイバレシーバ: FDDI/SDH、ファイバチャネル安定した高容量検出器低ノイズプリアンプシングルエンド差動変換 1 V 電圧コンバータ


ad8015統合トランスレジスタンス増幅器サイズ:41ミリメートルX 28ミリメートル電源電圧範囲:ad8015 強調表示 5Vは、光ファイバのために最適化された広帯域、単一電源、トランスインピーダンス増幅器である名パラメータ受信回路の応用。 240 MHzの帯域幅は、デバイスが155 Mbpsの最大データレートでFDDIレシーバとSONET / SDH受信機で使用されることを可能にします。変換が可能である差動シングルエンド。ad8015をファイバレシーバ回路アプリケーションのために設計された広帯域、単一電源、トランスインピーダンス増幅器です。それは、差動電圧を出力するフォトダイオードshinonを変換するための完全なシングルチップソリューションです。 240 MHzの帯域幅は、デバイスは、最大155 mbps.this高帯域幅機能は、300 Mbpsの上記データレートをサポートするデータレートとFDDIレシーバとSONET / SDH受信機で使用されることを可能にします。差動出力は、直接コンパレータ/光ファイバ増幅器をECLを駆動または駆動することができるチップ機能差動出力低コスト、広い帯域幅、帯域幅低ノイズ:240メガヘルツパルス幅変調:500 PS 立ち上がり/立ち下がり時間:最小1.5ns 入力電流ノイズ:3.0 / VHZ PA(100 MHz)で総入力RMSノイズ:26.5(100 MHz)でNAは広いダイナミックを範囲光感度:-36 DBM(155.52 Mbps)のピーク入力電流:350ヘクタール低消費電力:25ミリアンペア(5V)広い動作温度範囲:-40" Cに対して+ 85C チップアプリケーション光ファイバレシーバ:SONET / SDH、FDDI、ファイバチャネル安定走行高容量検出器低雑音前置増幅器シングルエンド変換 1-V差動する電圧変換器








うたがわしい

貴重 Taidacent 1ピース Ad8015 統合 トランスインピーダンス アンプ モジュール シングル エンド差動 240M 帯域幅 155Mbps データレート

なめらかな

?良い

クリアランス

快適に感じます