※納期表示のご説明

仕様/規格
●標準全長:8フィート6インチ(259cm)
●標準自重(g):95.0
●仕舞寸法(cm):134.0
●パワー:MH
●使用材料(%):C95.2、G4.8
●継数(本):2
●適正エギ(号):2.5~4
●適正ライン(PE/号):0.4~1.2
●先径(mm):1.6
●元径(mm):13.2
●グリップ長(mm):290
●※グリップ長(mm)はグリップエンドからリールセンターまでの寸法(注:リールのメーカー・機種により多少の前後差はあります)。
●※C=カーボンファイバー、G=グラスファイバー
●※エポキシ樹脂を使用しています。
メーカー品番
24489
商品説明
●深場や急潮流の絡むポイントで活躍するパワーモデル。ディープタイプエギでもキレのあるアクションが可能。メリハリのある動きを演出したい場合にも威力を発揮。パワーモデルながら軽量バランス設計によりストレスを大幅に軽減。
●スタンダードエギングシリーズ。ブランクス全層のメインマテリアルにTORAYCA(R)T1100Gを採用し、軽さとパワーアップを両立。また、T1100G特有のフィーリングにより軽快なシャクリ心地で快適な操作性を備えます。軽量化及び高弾性化したブランクスは感度性能にも貢献。ボトム感知や荷重変化などの情報収集能力に長けています。オーソドックスなチュブラモデルに追従性や感度性能にこだわったソリッドモデルを加え、攻略の幅がさらに広がるシリーズに仕上げました。ステンレスフレームSiC-Sリングガイド。LDB+KLガイドセッティング。
■良くあるご質問
Q.(重量が表記されていない)ロッドの重量を知りたいのですが・・・まず、ロッドは同じ製品でも表面の塗装の量やガイドやグリップ部を接着している樹脂の量で重さが数グラム単位で変動することをご理解下さい。これは市販されているロッドの塗装工程や組み立て工程のほとんどがクラフトマンによる手作業で行なわれているためで、全ての製品を同じ重さにすることが不可能だからです。

そのため、メーカーの公表しているロッドの重量は標準自重(生産されたロッドの平均重量)または設計自重(プロトタイプ完成時の重量)となっております。

当店ではメーカー公表値のあるものに関しては仕様規格欄に記載しておりますが、メーカー公表されていないロッド(特に低価格商品)に関してはお答えいたしかねる場合がございますが、予めご了承願います。

しかしながら、重くて釣りにならないロッドは当店では
取り扱い致しておりませんのでご安心くださいませ。
Q. ロッドの継ぎ部分が入りきらず、間があいてるのですが何故でしょうか?継ぎ部分の不具合でしょうか?   不具合ではございません正常です。こちらの継ぎ方式は【印籠継ぎ】(スピゴットフェルール)と言います。季節や環境の変化による合わせ部の膨張、収縮と磨耗に対応する為に、メーカーによって異なりますが継ぎ目に間があくように設計されています。 また、並継ぎタイプよりも印籠継ぎの方が素直なベンディングカーブを実現させる事ができるので素直なアクションに仕上がるメリットもあります。
Q.リールとロッドの適合確認は出来ますか?同一メーカー製品同士であれば確認を行なうことは出来ますが、他社製品同士または輸入品につきましては確認を行なうことが出来ません。
リールとロッドは取り付け部形状の共通規格が無く、適合しない場合がございますので、予めご了承下さいませ。
Q.エギングロッド(エギ)のキャストの仕方は、バスロッドと同じ要領で問題ないですか?キャスト時は、必ずラインのマージンを、トップガイドから最低20cm、特に3.5号以上のエギ使用時は必ず20cm以上とって下さい。
近年バスフィッシングからエギングへ転向される方が多くなってきていますが、
エギを、バスで使うような軽いワームをキャストするような投げ方で使用される方が増えています。
キャスト時の破損原因のほとんどが、ラインマージン(たらし)をまったくとらず、ロッド全体のしなりを利用しない、穂先だけの反発力を使う無理な投げ方(バスロッドでの軽いワームをキャストするような投げ方)によるものです。
必ずマージンをとり、竿全体のしなりを利用してキャストして下さい。

また、PEライン使用時には、ガイドへの糸がらみにも十分にご注意ください。

ジャンル識別情報:/g1001/g205/g302/m031/

Free Domain Name Checker

Enter the domain name to register or transfer to SBH today