仙里篤成『ぶどうを摘む少女』ブロンズ像

仙里篤成『ぶどうを摘む少女』ブロンズ像

Направления
Рассылка
Наш банер

■商品の詳細■作品名:ぶどうを摘む少女/技法:ブロンズ像/作品寸法:高さ:42×幅:10×奥行:11cm/■補足■新品 銅製 化粧箱付き/■作品解説■■ 仙里篤成(せんりあつなり) ■
茨城県水戸市出身

1988年、ロダン大賞展出品「労働者」
1989年、北海道帯広市グリュック王国「ゼーゲ通りの群像」制作
1990年、東京都内、司馬遼太郎レリーフ制作
    東京都内、高浜虚子レリーフ制作
    北海道札幌市、モニュメントイーグル像6尺制作
1991年、東京都内「松尾芭蕉」像制作
1992年、長野県善光寺「普賢菩薩像」制作
1997年、福井県養善寺蓮如6尺像制作
    岐阜県高山衆議院議員「金子信雄氏レリーフ」制作

その他、仏像、銅像、胸像、レリーフ、多数制作

【本体】
サイズ:横10x奥行13x高さ42cm

 銅には、「安らぎ」や「感性」など、人に与える独特な効果があると言われています。
また、銅を扱う人は「病気にならない」と言われます。
 銅の抗菌・除菌作用で環境や人体の廻りがいつも清潔であり、銅を扱う際、
人体に必要な金属に接して微量ながら適当に摂取し健康を保っていると考えられます。






プロモーション

あたたかい 仙里篤成『ぶどうを摘む少女』ブロンズ像

エキゾチック

小さな

リミット購入

ながい