井堂雅夫『古都より白川』木版画

井堂雅夫『古都より白川』木版画

Направления
Рассылка
Наш банер
  • 技法:木版画
  • 落款:作者鉛筆サイン    限定部数:111/180
  • 画面の寸法:26.0×38.3cm    額縁の寸法:44.8×56.9cm
  • 額の仕様:ブラウン色版画額縁・裏面に壁吊り用金具・ひも
  • 額縁の窓:ガラス    箱:かぶせ箱


京都を代表する観光名所で、世界遺産にも登録されている龍安寺。 龍安寺は室町時代、細川勝元によって創建された寺で、簡素な構成の石庭は、禅宗が盛んだった当時の時代背景を色濃く反映しています。
禅の境地が込められた石庭と、作者の世界観が見事に融合した作品です。
在庫限り。
再入荷の予定はございません。

【井堂雅夫】
1945年、中国東北部に生まれる。
日動版画グランプリ入賞。
日本版画協会入選。
1975年以降は公募展に出品せず、独自の活動を展開する。
全国主要都市、アメリカ、中国、スイス、オーストリア、ドイツ、カナダ、フランスにて個展 を開催。
1992年、作品集「日本の四季彩」出版(NHK出版)。
1997年、画文集「宮沢賢治・心象の風景」出版(河出書房新社)。その他出版物、テレビ出演多数。
木版画家、染色家、三軌会評議員。






珍しい

エネルギー効率の高いです 井堂雅夫『古都より白川』木版画

贅沢

辻まお

経済

買い占め