【占部弦楽器製作所】CTC-55C Oak Tenor/日本製

【占部弦楽器製作所】CTC-55C Oak Tenor/日本製

Направления
Рассылка
Наш банер
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 京都にて占部英明氏、息子の直宏氏により手掛けられる国産手工ブランド。
  • 楢材のナチュラルカラーボディ。
  • 演奏性に優れたカッタウェイ仕様テナーサイズ。
  • 安定した広がりのあるサウンド。
  • ソフトケースが付属します。


京都下京区の工房にて占部英明氏、息子の直宏氏によって製造される完全ハンドメイドウクレレ。製作所を創立した英明氏は10代ミュージシャンとしてグヤトーンのモニターを勤めるほどの腕前であった。当時から楽器の改造が好きだった氏は19才生ギターの魅力に引き込まれ、クラシックギター製作家「庄司正雄」氏に師事。その後Chakiの黄金期での製作、80年代木工技術が認められ寺院建築、仏具など重要文化財などの修繕、楽団の生楽器の修理などを勤め孫のウクレレを製作した事をきっかけに1997年よりウクレレ製作家として旗揚。現在年間におよそ120本ものウクレレを製作、ヨーロッパなど世界より注目される巨匠ウクレレルシアーの一人です。ボディ材に特徴的な杢目の表れた楢材を採用したテナーカッタウェイモデル。サイド&バック材には虎斑(とらふ)と呼ばれる虎の毛並に似た大柄の縞が入った個性的なものを使用。楢は比較的重硬な材なので、安定感、透明感のあるサウンドとなっております。テナーモデルならではの大きなボディサイズ、長いスケールというのも手伝って、ボリューム、奥行き、広がりも充分。べっ甲柄のバインディングで引き締め効果もあり、スタイリッシュな雰囲気です。木材の良さをフルに活かした占部氏らしい1本。近年では非常に珍しい仕様です。












高飛車

耐震性 【占部弦楽器製作所】CTC-55C Oak Tenor/日本製

するどい

完全なスタイル

するどい

低い